ブログトップ

私の親、プログラマーです。

v4x0sscc.exblog.jp

安全委も運転再開容認=停止中の高速炉「もんじゅ」(時事通信)

 1995年のナトリウム漏えい事故後、14年以上にわたって運転停止中の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について、国の原子力安全委員会は22日、運転再開を容認した経済産業省原子力安全・保安院の報告書について、妥当と判断した。これで再開に向けての国の手続きは整い、地元の判断待ちとなった。 

【関連ニュース】
中国電、11年度採用計画は30人増=事務系も増やし210人
もんじゅ、運転再開を容認=ナトリウム漏れから14年
高速炉「常陽」でぼや=外部への影響なし
「競争」7割は1社入札=顧問雇用の企業グループ
柏崎原発6号機も営業運転再開=中越沖地震後2例目

エルニーニョを1年前から予測=インド洋水温を利用−海洋機構など(時事通信)
「小沢家には『言い訳をするな』の家訓がある」 民主・平野貞夫氏(産経新聞)
五輪スピード 「静と動」で初メダル…長島選手と加藤選手(毎日新聞)
19歳少年を逮捕=大学生の傷害致死容疑−大阪府警(時事通信)
<首都圏・雪>水戸地裁、公判の開廷遅らせる(毎日新聞)
[PR]
by jmuoyzgwsh | 2010-02-23 07:31
<< JR西幹部と接触の委員、再任せ... 難解な医療用語、段階的に説明を... >>